全国こだわり米農家大集合!東米商商談会 in 東京

新潟県産こしひかりに山形県産産はえぬき、秋田産あきたこまちに北海道産ゆめぴりかなどなど、お米の種類は品種、産地などに分類されているのはご存知の通り。そして今やスーパーでもいろんなお米を買うことができます。値段もピンキリ。さて皆さんは毎日どんなお米を食べていますか?今回開催された東米商(東京都米穀小売商業組合)商談会には全国各地から厳選されたこだわり米農家さんが大集合しました。そう、お米の種類って品種や産地だけではないんです。無農薬や有機栽培、特別栽培、慣行農法とか、もっと言えば作り手農家さんの数だけお米の種類はあるんです。山形飯豊山水系の水で育てた特別栽培米や、魚沼の信濃川と魚野川が合流する三角圃場で栽培し雪室保存した米とか、農家さんごとに栽培環境にお合わせて様々な工夫と栽培努力があって、だからお米の味もお米農家さんの数だけあるわけです。スーパーで売っているお米はそういった農家さんのお米を集めて、○○産の○○品種で一括りにして売っているというわけです。ある意味ブレンド米なんですね。お気に入りの農家さんのお気に入りのお米を選ぶ楽しみがもっとあってもいいですね。そんな時は近所のお米屋さんを訪ねてみてはいかがでしょうか。今回は東京のお米屋さんとこだわり米農家さんとの商談会です。プロの作り手とプロの目利きの商談会はまさにお米市場のような活気にあふれたものでした。「今日はお給料日だからちょっと奮発して○○さんちの魚沼こしひかりにしようかしら!」なんてお米も選んで買えるようになったら食生活がもっと楽しくなりますね。

プロの作り手とプロの目利きの熱のこもった商談が繰り広げられています。

こんな素敵なお米のギフトも。

おにぎり用やカレー用、炊き込みご飯用などお米も進化しています。

話題の大粒ダイヤはその名のとおり大粒で旨みも倍増。

お米農家が6次産業化に取り組むとこんな素敵な商品になります。

最後は農家さんとお米屋さんの懇親会。ここでも多くの情報交換が。めったにない風景ですね。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square