新潟くびき米の農業法人訪問

上越市頸城(くびき)区の農業法人さんを訪問してきました。水稲100haの圃場では顧客ニーズに合わせた様々な品種を栽培しています。JA出荷を一切せずに自ら顧客と情報交換をおこないオリジナル販路開拓にこだわっています。くびき地区は越後湯沢から電車で1時間。これといった観光資源はありませんが、蛍の里としても知られるほどの雪解けの良質な水に育まれたお米は業界でもたいへん高い評価を得ています。今後さらなる直販ルートの拡大、そして6次産業化商品の開発が目下の課題です。ここ頸城区でも農家の高齢化が進み約1500haの圃場が縮小化に向かう中、少しでもくびき米ブランドを全国に広めて農業ビジネスの発展と地域活性化に努めています。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square